先日、倫理法人会の仲間から一枚のプリントをいただきました。

読んでいるうちに息が止まり、熱いものが胸の奥から込みあがってきました。

私もこのような老いない人生を生きたい!と誓いました。

以下、ご紹介します。

青春とは、ある期間をいうのではなく、心の持ち方を言うのだ。

優れた創意力、強固な意志、燃える情熱、怖さを退ける勇気、

安易に流されず、冒険心を持っている状態を青春というので。

年を重ねただけで人は老いない。

理想をなくしたときに初めて老いる。

歳月は皮膚のしわを増やすが、情熱をなくしたときに心もしおれる。

苦悶、不安、恐怖、失望、これらが人を老いさせ、精気ある魂をも

失わさせる。

年は七十歳であろうと二十歳であろうと、常に物事を驚異の目を持って

見つめ、物事や宍粟には積極的に又勇敢に不屈の精神をもって挑戦する

のだ。

子供のように何事に対しても好奇心を持ち、人生に興味と喜びが

あふれば人は老いない。

(サミューエルウルマン)