昨日、友人の紹介でWさんが相談に来られました。

10年前から糖尿病で薬を飲んでおられる。

いつしか薬の種類がだんだん増えてきて、気が付いたら10種類の薬を服用するようになっていました。

血圧を下げる薬、コレステロールを下げる薬、不整脈の薬、血糖を下げる薬、肝臓の薬などなど。

10年間薬を飲み続けた結果、病気は一向にも治ることなく、薬ばかし増えてきた、ということです。

先日の安保徹先生の講演にもありましたように、病気の原因を問うことなく薬ばかり飲み続けると

体がますますおかしくなります。薬の依存性も出てきます。

薬の副作用でまだ薬が追加される、という悪循環になってしまいます。

Wさんはやっとそのことに気が付いて、体質改善を決意されました。

やればできます。生活習慣を変えて、養生することです。その養生を指導、サポートしていくのが

私の仕事です。