東日本大震災から今日のこの時刻でちょうど二年になりました。

この二年間を被災地の方々はどう過ごされてきたかな、私たちは被災地のためになにをしてきたかな、いろいろ考えさせられます。

明日何が起こるか、誰もわからない。
だから今日を人生の最後の日だと思って精一杯悔いのないように生きたい。

人は一人では生きられない。
自分が困ったときは人々の助けが要る。
人が困ったら自分の出番。できることからやっていこう。

もし自分の大切な人、家族があんな目に遭ったら自分はどうするだろう。
いつもその気持ちで温かい手を伸ばそう。

東日本の被災地の方々、一日も早く正常な生活に戻ってほしいです。

東日本被災地に向かって合掌!