今日午後Oさん(友人、60代男性)が血液検査結果を持って来られました。

私は朝からOさんのその血液検査の結果が気になって待ちどうしでした。

拝見するうちになんだが涙があふれ出ました!

「やった!」とOさんと抱き合いました!

一週間前にOさんの血液検査結果を見たときに、私はびっくりしました。

肝機能が異常に高い。本人は疲れ切った様子で、食欲もなく顔色も悪い。

 

肝機能    7月7日    7月10日    7月17日(本日)

AST    52      58       32(正常)

ALT    39      67       44(42未満がが正常)

γーGTP  750     960      499(47未満が正常)

 

ALP   495     754      381(369未満が正常)

 

7月7日から10日まで三日間で急激に肝機能が悪くなっている。病院からはすぐ入院を勧められたそうです。

でも本人は入院の準備もあるので入院は一週間後になったらしい。それで私のところに助けを求めて来られたのが7月10日

のです。

一刻を争う緊急時代。私ができること、出せるカードをすべてを出しました。

漢方サプリ、薬膳茶などを中心に漢方養生を指導。

精神的にも病気に負けないように、毎日お電話をして様子をうかがいました。

三日建ちますと食欲が戻りました。おしっこの量も増えました。夜よく寝るようになりました。体の疲れも

取れるようになり、電話での声にもハリが出てきました。これで自信がつきました。体が正常に戻りつつあることを

感じました。

それから一週間後の今日、血液検査の結果で入院するかどうかが決まる。もし入院となると大事になってしまいます。

あの数値では、肝機能の悪化はもちろん、黄疸、肝硬変、肝臓がんなどの疑いで取りかかると思いますので。

最悪の事態だけは避けたかった!心から祈りました!

願いは叶いました!

肝機能数値がぐんと下がってくれました。とくにγーGTP、ALPがビックりするほど下がりました。

泣きました!体が頑張ってくれたのです。自分のことのようにうれしいです!

実は、去年10月に、仲間を肝臓がん末期で亡くしたのです。私のところに相談に来た時にはすでに腹水が溜まって尿が

出ない状態でした。すぐ入院したのですが、病院ではモルヒネで痛み緩和治療をおこない、二か月で病院で亡くなったのです。

助けたかった。でも入院してしまうと何もできないのです。悔しかったです。

その悔しさを思うと今日はうれしい涙があふれ出ました。

よかった!Oさん、信用してくれてありがとう。やってくれてありがとう!

38年前に母がB型肝炎末期、余命三か月と診断された時のことを思い出しました。

母を助けるために必死でした。三か月で母は見事に末期肝炎から生還したのです。

あの時の喜び、感動は今も忘れられません。母は今年82歳、元気で生きています。