昨日、Oさん(女性、40代中間)からうれしいメールが入りました。

Oさんはバリバリの企業戦士で、仕事が忙しくストレスのかたまりの状態。

その0さんから二週間前に健康相談を受けました。

訴える症状は、動悸、イライラ、便秘、体がしんどく辛い。普段はなんでもないことでも最近は精神的に敏感になり気持ちのコントロールができなくなりそうで、自分でもこのままではやばいな、と感じて相談されたのです。

この方は更年期障害の症状ですが、体質は陰虚で陽が相対的に高ぶっている状態。その証拠に秋、冬はなんとか凌ぐことができますが、春、夏になると体の調子が狂ってしまうという。自然界の陽は春から高くなり夏は陽の極まりで秋から冬にかけてだんだん減っていく。体も自然化の陰陽の変化に連動して変わります。春から夏に体の調子が悪いのは陽盛陰虚のためだと思います。

処方は陰を補い、陽を少し抑える薬草を配合した漢方サプリ(粉末)と煎じ薬膳茶を飲んでもらうことにしました。

飲み始めて二週間、体に変化が起きたようです。
便秘が解消され、体のしんどさが軽くなったとのことでした。

よほど体がしんどかったようで、お忙しい中真面目に漢方サプリを飲んで煎じ薬膳茶も会社にまで持って行って飲んでいるらしいです。ちゃんとやれば体は答えてくれます。今回Oさんは体で実感されたと思います。