1983年3月、大学卒業を間近にしていたとき、

愛のキュービットは、私を今の妻聖花と赤糸で結んでくれました。

当時聖花は大連工業大学の教師をしていて、1000キロも離れていました。

文化大革命で恋がご法度だった二人は、きれいな大連の海辺で恋を育みました。

聖花に一目ぼれした私は、この女だったら命を懸けてもよいと決め、猪突猛進でアタックしました。

生まれて初めて見る海を、生まれて初めてぞっこん惚れ込んだ彼女に例え、恋心を爆発させました。

嗚呼、海よ!

僕は君にすべてを失われた

僕は君からすべてを賜れた

物言わぬ君は

見えぬ僕の胸に

静まらぬ波を立たせ

僕は叫ぶ

君に抱かれて

いつまでも

いつまでも

一年近くの激しい手紙合戦を経て、1984年2月9日二人はめでたく結婚しました。

当時の手紙合戦のことを思い出すと、今でも胸がときめきます。

二人とも中国の東北の山奥に生まれ、文化大革命の激しい洗礼を受けながら育ちました。

そして奇しくも同じ年齢の時に文化大革命の迫害で父を亡くし、

母孝行を生きがいにあまたの苦難に耐えながら、踏ん張ってきました。

二人だけの結婚式は至って質素でした。

四畳半ほどの教師寮で、指輪の交換もなく、涙ぐみながら誓いのさかずきを交わしました。

親族から頂いた祝儀金で母には羊毛のコートを、義母には毛糸のセーターを送りました。… …