去る7月15日琵琶湖畔のコテージで古希祝賀会が行われました。

主役は私の義兄勇男、脇役は姉弘蓮。

幹事は姉の次女の英蘭夫妻、顧問は長女の英花ちゃん。

香港から弟が、東京から姪の美玉一家3人と甥の暁星、天竜、

娘の仁玉で6人が駆けつけ、総勢15人のパーティーでした。

古希記念酒次女がデザインしたこの古希祝い酒のラベルが

ユニークで、主役の義兄も大喜び、

回りの私たちもすっかり感心しました。

酒 名:記念酒

原材料:感謝の心

愛情歩合:100%

隠し味:孫の愛

さすが美術系のデザイナ!

長女はうん百万の祝い金、さすが大手証券ウマン。

参加者全員がそれぞれのお土産を披露するたびに歓声が上がりました。

姉夫妻の応援がなかったら私と弟の今日がないと言っても過言では

ありません。日本で義兄の古希祝いができたことを本当にありがたく

思います。私は「祝古希」と題して漢詩を贈りました。

徳兼備士爽/徳兼備の士は爽快で

情専一児壮/情専一の児壮健なり

高地大図展/地広ければ夢大で

使命神聖花香/使命神聖なれば花香る

主題は「仁愛天使勇男弘蓮」でした。

幸せで有意義な義兄の古希祝いでした。