先日奈良で運転していたら、「積徳運転奈良の道」の

横断幕を見かけました。

狭い古都の道を、歩行者、自転車、他の車に配慮しながら

運転しましょうということでしょうが、考えてみますと

その思いやりの心は、いろんな分野でも通用するのでは。

たとえば、ラッシュアワー時の電車やバスの「積徳乗車」、

野球やサッカーの観戦の「積徳観戦」、登山の「積徳登山」、

飲食店での「積徳会食」などです。

「衆善奉行諸悪莫作/よい事は勧め悪いことは止める」は

三歳のことどもでも知っていますが、80歳の老翁でもなかなか

できていないが現状のようです。

そういう中でも、「積徳~」を心掛ければ、一つでも二つでも

多く実践できるのではと考えさせられました。

今日は姫路保護司会が主催する「公開ケース研究会」が姫路市立

飾磨中部中学校で開催されます。

学校教師、自治会、消防、防犯協会、民生委員、中学校区少年補導委員、

保護司さんの共同勉強会です。

会は午後1時半からですが、私は昼から東京出張ですので午前中の会場

設置準備に参加させていただきました。

「社会を明るくする運動」、保護司の保護観察活動に一人でも多くの

方々にご理解いただき、一人でも多くの犯罪者が更生の道を歩むようにと

事例犯罪者の家庭背景、犯罪に至る経歴を六つのグループに分けて研究発表します。

大変勉強になる研究会ですが、私は次回に委ねます。