去る10月14,15日は地元灘のけんか祭りでしたが、

雨で大変でした。

毎年15日本宮の日に県外の知人友人を招待しますが、今年は雨でしたので

いっそのこと桟敷の準備をせずに、お家でお弁当を食べながら祭り談義をする

ことにしました。

まずは松原八幡神社前で各村の屋台入りを見て、近くの柳谷郁子先生のお家で

美味しい料理とお酒をいただきながら、祭り文化を楽しみました。

灘のけんか祭り柳谷邸奇跡メンバーいつもは14日の日に夜遅くまで

お世話になりますが、今年は

雨のおかげで15日にもお世話になりました。

家に戻って祭り弁当をいただきながら

もう一度盛り上がりました。

妻鹿の屋台が広畑入りするころ、雨の中をマルセイにの桟敷に行き、30分ほど

観戦し、すぐ家に戻りました。

5年ほど前雨の日に桟敷でお弁当を食べながら観戦しましたが、参加者の一人が

後に風邪をひいてしまい、今年は皆さんの健康を案じて早めに帰らせました。

残念ながら例年のいつもの迫力と盛り上がりはありませんでした。

でも雨の年の雨の中の祭りも灘のけんか祭りのうちで、雨の中を最後まで

頑張ってくれた練子たちと役員たち、また応援の観衆に敬意とを拍手を

送りたいと思います。