夏に汗はつきものです。

連日熱帯夜が続いていますが、脱水症状や熱中症は特に要注意です。

汗には、暑くて出る汗、緊張して出る汗、辛さなど味覚で出る汗の

3種類があるそうです。

そして暑くて出る汗も気温の高いときに自然に出る汗と激しい運動、作業などによる

汗に分けられるそうです。前者を受動的汗、後者を主動的汗、積極的汗と言い、

特にこの主動的汗、積極的汗が体の新陳代謝と精神的衛生に良いそうです。

汗を流すということは、運動や登山などで汗を流すことも意味しますが、

私が言いたい汗を流すということは、自分の夢のために努力するということです。

私の友人Aさんの玄関には

「国の為には血を流し 友の為には涙を流し 自分の為には汗を流す」

三流主義の石碑が立っていますが、まさにその汗です。

「不惜流血流汗」という言葉がありますが、命懸けで努力することを

表します。この精神があってこそ、現在の経済大国の日本があるのでは

ないでしょうか。

あまりにも豊かな物質文明のおかげで、命懸けで努力する美徳がだんだん

敬遠されるようになり、もっと楽にしながらもっとよい事を求める若者が

増えてきたような気がしてなりません。

汗を流すということは、自分の汗で自分の夢を掴むことことではないでしょうか。