庭の梅の花がきれいに咲いています。

梅が咲くといつも菅原道真の

「東風吹かば匂い起こせよ梅の花

主なしとで春なわすれそ」を思い出します。

中国の宋の時代の詩人趙長卿が

「梅花枝上东风软/梅花の枝に東風柔らかく」という

名句を残していますが、私は毛沢東の「詠梅/」が大好きです。

風雨送春帰 ―風雨 春の帰りを送りて、

飛雪迎春到 ―飛雪 春の到るを迎かう。

已是懸崖百丈氷 ―已(すで)に是(これ) 懸崖 百丈の冰なるに、

猶有花枝俏 ―猶(なお) 花の枝の俏(うつくし)きを

俏也不争春 ―俏くとも 春を争わず、

只把春来報 ―只だ春の来たるを報ずるのみ。

待到山花爛漫時 ―山の花 爛漫たる時を 待ち到らば、

她在叢中笑 ―她(はな) 叢中(くさむら)の中にて 笑(ほほえ)まん。

菊は霜の中においてその香りと美しさを放ち、

梅は雪の中においてその香りと美しさを放っています。