今から1800年ほど前の中国の晋の時代の話ですが、

オリジナル古典は「杯弓蛇影/はいきゅうのだえい」です。

今の中国河南省一帯の知事楽広が友人を呼んで酒を飲んだところ

その友人が重い病気になってしまいました。わけを聞いて見たら

酒の杯の中に蛇が入っているのをそのまま飲んだのが祟ったとか。

そんなはずがと楽広が先般の酒飲みを再現してみたら、壁にかけてあった

弓が酒の杯に蛇のように映っていたので、それを友人に伝えたらたちまち

病気が治ったそうです。

面白い話ですね。

人生に迷いはつきものですが、疑いはよくないですね。

自分を信ずること、家族を信ずること、友達を信ずること、

これをどんなことがあっても、どんな場合でも貫けば

ぶれずに目標に向かうことができ、周りからも信頼される

人間になれるのではと思うようになりました。感謝。