去る4月17日広島へ行ってきました。

わざわざ香川県観音寺市からきてくれた高橋幸正さんが

朴の花を持ってきてくれました。ペットボトルに挿して水が漏れないように

ボトル口がテープで巻いてありました。

花言葉の「誠意ある友情」の書もいただきました。

去年の10月大阪で西端春枝さん主宰の「雑巾を縫う会」で初めてご縁を

頂きましたが、私の本と講演会の普及のために東奔西走していただいております。

初対面でしたが旧知のように、真心が伝わる握手の仕方を教えていただきました。

今回も広島で兄弟で43年頑張って広島の顔になれる会社を作り上げた

素晴らしい方を紹介していただきました。

高橋さんは四国八十八か所ヘンロ小屋を作る会の発起人、世話人でもあります。

毎月の21日は地元の皆さんと一緒にお遍路さんを銭型小屋でおもてなしをします。

濃厚な香りが高橋さんの真心と一緒に体中に沁み込んできました。

「善き人にめぐり逢しは天の計らい」のお言葉もいただきました。

真心の輪(和)の広がりや朴の花⇒正均