シェイクスピアは言いました。

「成し遂げんとした志を、ただ一回の敗北によって捨ててはいけない」。

1976年7月、弘基にも文化大革命の余波が襲い掛かりました。

優秀な成績で高校を卒業しましたが、大学の道は閉ざされていましたので、

田舎に戻され野良仕事をする羽目になりました。

ちょうど私が県の幹部に抜擢され、都会に行くことになりましたので、

家の主な労働力になりました。

私は家のことが心配になりましたが、弟は大学にいくまでの2年間立派に家を守りました。

腰が折れそうになる春の田植(もちろん手植えです)、

夏の炎天下の田畑の草取り、秋の取り入れに冬場の段々畑改良と年がら年中大変ですが、

弟はよく頑張ってくれました。

そして、1978年9月弘基は見事に吉林大学機械学部に受かり、

夢の実現へ第一歩を踏み出しました。(つづく)