昨日キャッスルホテルで姫路師友会設立40周年記念大会がありました。

田中昭夫会長が50年余心血を注いでこられた結晶の大会でした。

記念講演は神渡良平先生の「安岡正篤の世界・・・先賢の風を慕う」でした。

今年の3月小倉の神渡先生が塾長をされている「志帥塾」でエベレストの講演を

させていただきましたので約8ヶ月ぶりの再会です。

神渡先生の講演は4回目ですが、何回聞いても感動的です。

来月で55冊目の本が出版されますが、年に100回の講演をこなしながらの執筆です。

「志帥塾」の由来は「志は気の帥なり」という孟子の言葉から付けたそうです。

懇親会で田中会長が王陽明の「啾啾吟」を詩吟されました。

普段私たちは4行の詩吟でも息が上がってしまうのに、田中先生は18行の

長詩を一気に堂々して吟じました。迫力満点です。

38年前全国師友会大会で安岡先生に指名され、この王陽明の「啾啾吟」を

披露されたそうですが、38年前に負けないパワーでした。

こんなに素晴らしい田中先生のもとで中国の古典と詩吟を学ばせていただいることを

本当に幸せに思っています。

田中先生啾啾吟