昨夜妻鹿のけんか祭りの前夜祭がありました。

本当には灘の剣祭りですが、文化庁の商標登録では

「妻鹿のけんか祭り」になっているし、また祭りの起源となる

妻鹿漁師の久津理さんにも大いに関係があり、地元の皆さんの

祭りのカレンダーは「妻鹿のけんか祭り」のタイトルになっています。

私たちの祭りはいつも榎さんのふぐ鍋から始まります。

20匹の本場下関のフグ鍋は豪快そのものです。

ふぐの肝やら皮やら刺身やら鍋やら榎さんの太っ腹そのものです。

榎さんは私に祭りを教えてくれた恩人です。

いくら祭りに参加したくても、屋台を担ぎたくても、よそ者の

私にはなかなか担がせてくれません。もう10何年前になりますが、

榎さんに助けを求めました。

榎さんのおかげで祭りで屋台を担ぐようになり、今は故人となりました

Yさんは私の屋台の良い場所を確保するために3時間も屋台の場所取りを

してくれました。

豪華なふぐ鍋を食べながら、祭り談義に夜が更けていきました。

今年の祭りも無事に盛り上がるよう祈りながら、榎さんご夫妻に

感謝しながら、今年も頑張るぞと気合を入れながら家に帰りました。

%e6%a6%8e%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%b5%e3%81%90%e9%8d%8b %e6%a6%8e%e3%81%95%e3%82%93%e8%81%96%e8%8a%b1%e6%9d%be%e6%9c%ac%e3%81%95%e3%82%93

 

 

 

 

 

奇跡の出逢いです。