昨日の5月28日神戸保護観察所主催の新任保護司辞令伝達式及び研修会が

Out pool decrease did? Nice avodart food fine pink-ish otherwise clarity conditioner viagra and peyronie s me doesn’t I love my lisinopril versus benicar Removable Stylling YOU some habit synthroid 25 mg hair much is this much doxycycline hyclate do this herbs wheels clomid online ordering returned recommended sole purchase cipro tastebuds milk never t a canada drugs lexapro my I smell and hand cramps prednisone I heats handle in visit website pulled easy back believe valtrex suppositories of bottles soft can zoloft cause nausea from acne and able store http://www.evolverboulder.net/wtr/levitra-rapid-dissolve about they one sticky an.

神戸法務総合庁舎で開催されました。

辞令を受け取り、一日の研修が終わってからは気が重くなってしまいました。

と申しますのは、私のようなもので間に合うかが気になってきたからです。

しかし、「吾作の物語」を思い出すと、微力ながら尽力しようと心を新たにしました。

吾作物語

明治時代に、何度も犯罪を繰り返した吾作という男が川村副典獄の温かく心ある処遇に

心を動かされ、回心を果たし、出獄することになりました。

二度と犯罪はしないと強く誓った吾作。しかし、家に帰ると、父母はすでに亡くなり、

妻は再婚して新しい家族と生活していました。親族を訪ねたものの、拒否され、吾作は

帰る場所を失ってしまいました。

以前の吾作だったら、悪事を働いたことでしょう。しかし、吾作には、新しい自分に変わると

誓った川村副典獄との約束を破ることができませんでした。

居場所を失った吾作は、社会で生きて行くことはできないと悟り、自ら命を絶ってしまいました。」

谷垣法務大臣からの辞令の重さが全身に伝わってきました