孔子は言いました。

「孝悌は仁を為すの本」。

中国のことわざに「人間万事塞翁が馬」というのがあります。

2年余りの奮闘で、私は使っても使いきれない青春のパワーを感じ、

母孝行のゆるぎない誓いを確認できました。

同時に自分の努力で他人が喜ぶ、その喜びを覚えはじめました。

これは狭い自分と家庭だけの世界からの大きな脱皮でした。

これまでに歴史問題の重荷を背負って抑えられてきた母も、

私の発展の一助になろうと、毛主席の語録と文章を暗誦し始まました。

当時は「老三篇万歳」と言われるくらい毛主席の「人民のために奉仕する」

「ペチュン医師を記念して」「愚公山を移す」が有名でしたが、

母はこの長い三つの文章を見事にそらんじていました。

母はいろんな大会に呼ばれては「老三篇」暗誦を披露したり、

「老三篇」クイズに答えたりしました。

一文字も間違うことなく、一気に一つの文章をそらんずる母は

一躍「「老三篇の母」として有名になりました。

母58歳の時でした。

姉弘淑も歴史問題のある家庭の子女というレッテルから解放され、

市の所在地の機会会社に推薦されていきました。

弟弘基も「さすが正均の弟だ」と褒められるくらい、

高校の勉強、スポーツ、生徒会活動に打ち込んでいました。

わが家の春を謳歌するかのように、

私は市のいろんな勉強会、表彰大会に出るようになりました。

私は時を感じました。

当時龍井市では毎年2,3人が北京大学、清華大学など重点大学に推薦されていきました。

「次は正均 さんの番だね」とまわりがささやき始めました。(つづく)