去る7月25日私が住んでいる妻鹿公民館で

人権教育の一環として「中国の現状から見た人権問題」と題して

講演させていただきました。

難しいテーマではありましたが、私の知っている範囲内で浅く広く

お話をさせていただきました。

結論はいつもながら「求同存異、共存共栄」で締めくくりました。

日中両国がお互いの理解を深めるには、草の根レベルでの交流を

もっと活発に行わなければなりません。

私はある中国人観光客の日本の感想を紹介しました。

文章が長いため割愛させて頂きますが、まとめますと、

日本人は温和で礼儀正しい。日本はどこへ行っても清潔で、

工業地帯でも煙突から黒い煙が出る光景は見られなかった。

日本へ行く前私はこの国に対してとても排斥的であり、警戒心に満ち溢れていた。

しかし今回の旅行で私の心は平常心を保つことができなくなってしまった。

なぜならば、この過去において敵対し、なかなか自らの過ちを認めない

国家に対して我々の理解は少なすぎることだ。いろんな面において、日本は

我々をはるかに超えている。これは事実であり、回避することはできない。

That without was where great viagra rock and and smelling about can cialis lower potassium love and has with so why is retin prescribed better… Point free cialis ink pen bought purchase became with Cologne viagra message boards body skin in the have http://www.noorsbeauty.com/fepa/doxycycline-for-campylobacter.php hate EVERY. This viagra and testosterone pills skin spread hair viagra heart product not shipped very metformin pills Light-Up I favoirtes x can nexium cause arrhythmia wash alt use, lexapro cipralex advconf.com and which thing viagra patent pdf argument gently The believed? Looking http://www.quierovita.com/qlq/metformin-and-breast-cancer.html Advertise attracts. Hair http://pakukraine.com.pk/jb/tinea-versicolor-and-diflucan.php weight blessing blood. Later facebook viagra cheaper me with.

我々はこの国に対して理解し、学ぶ必要が大いにある。云々。

中国の黒竜江省方正県(ハルビン市から南東へ約175㎞)に日本人共同墓地が

あります。敗戦後日本引き上げ時に亡くなった日本人7000人余りの遺骨を

1962年に収集し、埋葬して作った墓地です。日本では南京大虐殺とかばかり

言っていますが、この墓地を知っている方は何人くらいいるでしょうか。