6月15日がん予防大学講座が姫路市勤労市民会館で行われました。

18名の方々が参加されました。

今回の講師は山口治先生と塩本邦夫さん。

山口治先生は50年以上にわたってマクロビオテックを研究、

実践されてきた食のプロでもあります。今年米寿のご高齢であり

ながらいつまでも衰えない体力と精神力の持ち主でもあります。

今回は、先生が50年間にわたって実践されてきたマクロビオテック

の基本である和食の知恵について教えていただきました。

塩本邦夫さんは十数年前に大腸がんを患いその後肝臓に転移が

見つかりました。西洋医学の力も借りて手術をしたあとは自力で

がんと闘う体づくりをされ、見事にガンを克服されました。

「転移が見つかっても自分は死ぬ気配を全く感じなかった」と

塩本さん。塩本さんが転移ガンから生還した秘訣は、がんに

負けない気力を持ち続けたことではないかと思います。

その体験談を今年2月に、「がんの辞典」編集長の小澤康彦さん

が取材され、「ガンの辞典」HPに掲載していただきました。

http://www.gan-jiten.com/more/04/77.html