9月24日午後、NPO法人ワハハの会の主催の講演会が姫路市勤労市民会館で開催されました。九州、福岡、広島、島根県、神戸、京都、尼崎などご遠方からも来られた方もいらっしゃって、70人の方々が、参加されました。
予定していました志賀一雅先生が急なことで来られなくなったため、志賀先生の愛弟子である三鍋和美さんが代行で講演をされました。タイトルは、心が病を克服に最重要である理由。とても分かりやすく、いいお話でした。
次に、がん体験者春名信司さんの講演。末期がんを乗り越え、100才まで生きる。
春名さんには毎年ワハハの会で講演していただいておりますが、いつ聞いても感動、感銘を、受けます。
来年のワハハの会の活動テ-マはがん克服するためのかくりん気功です。本日宝塚でかくりん気功セミナーを定期的に開催されておられる気功指導師横山和明さんが来られまして、かくりん気功について紹介していただきました。
講演会終了後、15名参加で講師を囲む懇親会がありました。がん体験者もいらっしゃいまして各自自己紹介と交流を行いました。
とても有意義な講演会でした。
講師を務めて頂きました春名さん、ありがとうございました。
ピンチヒッターで講演を引き受けた三鍋和美さんありがとうございました。
最後に、志賀一雅先生の一日ま早く回復されますように。