お正月吹雪の中、海に飛び込む主人、木元正均。
娘の親孝行で大晦日から家族で一泊二日温泉旅行で少し贅沢させていただきました。
温泉から自宅に帰って一日の午後4時。主人がいきなり海に泳ぎに出ると言い出して、「こんな吹雪の中を?」と呆れていましたが、頑固な主人の意志を曲げることができず、娘と一緒に海まで付き合いました。吹雪の中海に飛び込む主人に向かって、「お父さん、頑張れ!」と一生懸命に手を振りながら叫ぶ親娘。
我が木元家の大黒柱の存在感とパワーを示したかった主人でした。

今年は、我が木元家家族三人はそれぞれ夢、目標を掲げています。
主人、木元正均は今年干枝の羊年、還暦を迎えます。八月にはアイアマン(トライヤスローンの最高のレース)に挑戦。去年年末に車事故で手に大けがをしてあまり練習できなかったので、心配ですが、本人はやる気満々。毎日朝走ってからお風呂で水シャワーで体を鍛えてます。
私は今年58歳になります。鍼灸夜間学校の勉強は後二年三か月続きます。60歳の時には鍼灸師の国家試験に合格して鍼灸師になることを目標にしています。娘と変わらない年代の若い学生たちに交っての勉強、容易ではないですが、仕事、家庭、勉強を三立しながら夢に向かって一歩一歩前に進んでいきます。
娘、仁玉はロシアと日本を行き来しながら、自分が立ち上げた化粧品ブランド、天然美容液「オムニスト」のさらなる市場開拓を目指して一歩前進します。
いつまでも夢を求めて、夢を支えあう家族でいたいと思います。