今朝、6:00~7:00、ホテル青山サンシャインで行われた西姫路倫理法人会モーニングセミナーに参加してきました。
講師は倫理研究所参与飯塚秀夫先生。
講演タイトルは、運命は自ら招く。人は何のために生まれてきたのか。
それは人を喜ばすために生まれてきたのだ。
「各人の運命は各人の手中にあり」
人生は心一つ置きどころ。人間の心で行う思い方、考え方が人生の一切を良くも、悪くもする。
あなたの人生はあなたの思い描いた通りになる。よいことを考えれば良いことが、悪いことを考えれば悪いことが起こる。幸運、不運はその人自身が呼んでくるものである。
運命を招く実践:…
① わがまま、生活の不自然さを取り除き、ふんわりとやわらかさで、何のこだわりも不足もなく、澄み切った張り切った心、これが「すなおな心」であり、これを持ち続けることである。
② 宇宙のリズムに合わせ、いい生活リズムを作る(朝起きのスタイル化、習慣化)
③ 即効力を身に着ける。気づいたらすぐやる。
④ プラス言葉を心懸ける。人間が不幸に陥る原因は、マイナスの言葉を不用意に使うからである。幸せを受けるためには、プラス言葉を使わなければならないのです。
⑤ 出会いを絆に変える。
⑥ 常に恩意識を持つ。恩の自覚の程度が、その人の人間の程度である。
⑦ 苦難観を確立する。苦難福門。

運命を切り開くは己である。境遇をつくるも己である。己が一切である。努力が一切である。やればできる。

素晴らしいご講話でした。