50歳過ぎると髪の毛が薄くなるのが気になります。

知り合いの男性の中にも薄毛で悩んでおられる方がいます。

「木元さん、薄毛に効く漢方がないですか」と冗談交えてよく聞かれます。

漢方では、髪は血の余りと考えます。

つまり、薄毛はの原因は血虚(血液不足)と瘀血(血液の流れの滞り)です。

ではその血虚と瘀血の原因はなんでしょう。

実は、それは個人個人の体質と関係が深いです。

特に男性はホルモンを司る腎がかかわっているのです。

薄毛、抜け毛の人の中には、体質的に肝腎陰虚のタイプの方が多くみられます。

そのような体質改善で薄毛、抜け毛は治ります。

現象は頭の髪の毛に現れますが、原因は体質にあることを忘れないでほしいです。