7月2日午前、姫路市船津公民館で講演させていただきました。

タイトルは、「病気にならない漢方養生」。

20名ほどの方々が参加されました。

体に不都合が生じたときに皆さんはどうされますか。

まず病院にいきますよね。病院にいくと病名がついて薬が出されます。

薬を飲んで症状が改善され、その後は元気で過ごすこおtができればなにも

問題ないですが、多くの場合は薬が切れると再び不調が出てしまいます。

だから長期的に薬に頼らざるを得ない生活が強いられています。

また病院でいくら検査しても異常が見つからないですが、本人はつらくてしょうがない!

漢方養生はまず病気になる前に、病気にならなうように体のバランスを整えることです。

病気になっても病気が早く治るように体作りをすることです。

まずは食べ物から始めること。必要があるときは漢方薬膳など取り入れることで薬に

頼らなくても病気の予防、改善ができます。