先週の土曜日午後開かれたがん予防大学講座で私が「東洋の思想と人間の心と体」というタイトルで

講演させていただきました。

私たちが生きている地球、そしてその地球が生きている宇宙、太陽系。

もし地球と月と太陽の距離、位置が少しでもずれたとしたら、今の地球の生命、われわれ人間を

含めて存在しないでしょう。

地球が一周回転すると一日、月が地球を一周回ると一か月、地球が太陽を一周回ると一年。

その宇宙のリズムによって地球上の季節変化があり、それが地球生命体であるわれわれ人間の

体にも影響してきます。

自然の陰陽、春から夏にかけて自然界の陽が高まり、夏から秋、冬にかけて自然界の陽が減っていき

陰が増えてきます。

その自然界の陰陽の変化が人間の身体にも影響を及ぼし、ひいては健康、病気にもかくぁってくる。

だから、体に不調が生じたとき、むやみに病院に行って薬をもらって頼るのではなく、自分の体の

陰陽のバランス、気血水の流れなどから原因を探り、自然の理に従って養生をすることが大事だと

思います。

来年から10回にわたってNPO法人WAHAHAの会主催のがん予防大学講座で漢方養生の

基本についてセミナーを企画しております。