昨日、3月22日岡山良寛壮で開かれました。

主催者は春名信司さん、15年前に喉頭がん末期を宣告されましたが見事に

克服された素晴らしい方。

全国各地からがん患者の方々が集まってきました。

帯津先生、やはり素晴らしかった。

自然体で、自然の摂理に従って生きること。

死を意識して生きることはいい人生に繋がる。

だから、帯津先生は毎日の晩酌を最後の晩酌として、一日一日を精一杯生きておられる。

お酒がお好きで、γーGTPが200以上あるとか。でも数値にくよくよするより、

お酒を飲みながらときめきしたほうが健康になる。

講演会が終わって春名信司さんの郭りん気功の説明、春名、帯津の対談がありました。