4月からの鍼灸学校夜間の前期授業は先週の金曜日の11日まで終わり、昨日から夏休みに入りました。

約一か月半、学校休みです。勉強から解放されたこの気分、子供のようにうれしいです。

でも、私には多くの仕事が待っています。

お客さんからの健康相談、漢方サプリの調合、発酵食品の新商品の研究開発、がん患者を支援する活動など、

試験勉強が忙しかったときにできなかった仕事をこの一か月まとめてやります。

働きは最高の喜びです。

お客さんの喜びの声は私に生きがい、やりがいを与えてくれます。

世に、人に、家族に必要とされる人間になるその喜びで私は生きているのです。

鍼灸夜間学校に通い始めての時は、仕事と勉強を両立しることができるかしら、体がもってくれるかしらと心配していましたが、なんとか仕事と勉強両方できるようになりました。体のほうも、不思議についてくれています。夜の授業が終わって大阪から自宅に帰ってくると11時を回ります。12時に寝て朝5時前に起きる生活ですが、不思議にそれほど疲れを感じないです。体調はすこぶる元気です。

さすが体作りを指導するプロとして、自慢したいくらいです。

毎日夜遅くまで私の帰りを待って迎えに来てくれている夫の正均に感謝です。

家族の支えがなければ、勉強と仕事の両立は難しいでしょう。