今日は主人、木元正均がエベレスト登頂三周年記念日です。

三年前の2011年5月20日朝の4:50分、主人がエベレスト山頂(標高8848メートル)に立ちました。

二年半で日本百名山を制覇、一年半で中国の標高6178メートル玉珠山、標高7546メートルのムズターグ、

8201メートルのチョオーユを制覇、ついに夢のエベレスト登頂を果たしたのが三年前です。

驚異的な体力と精神力の持ち主、そして幸運の主人ではありますが、8848メートルのエベレストは世界でも

ごく一握りの人しか登らせてくれない神聖な山。多くの方々の応援、祈りがあったから登れたと

思います。

三年前の今日の私の心境、主人が登頂できたことを知ったのは午前10時過ぎ。

主人かなり下まで下山していたところでした。

泣きました。主人、生きているのだ!私にはそれだけで十分でした。

主人がエベレストに登頂したこの日、永遠に忘れることはないでしょう。

今日この日は、私たち夫婦の絆を確認する日になります。

今朝未明4時50分、主人にお祝いのケータイメールを入れました。

そして、お祝いの花を贈呈しました。

お父さん、私のそばに、家族のそばに生きて帰ってきてくれてありがとう!