今朝は、週一度の経営者モーニングセミナーに参加しました。
今朝の講師は近畿療術学院 学院長 藤原幸子さん、看護師、鍼灸師を経て今は東洋医学を基本にした療術士を養成する仕事をされておられる。
講話のテーマは、「自然と調和して生きる」。
東洋医学の陰陽五行のお話、とても分かりやすく説明されました。
生き方のこと、先人たちの教えとして孟子の言葉を教えていただきました。
「天の将に大任を是の人に降さんとするや、必ず先ずその心志を苦しめ、その筋骨を労せしめ、その体膚を飢えしめ、その身行…を空乏せしめ、その為さんとする所を払乱せしむ」。
難しい言葉ですが、要するに生きることは「苦難福門」。
幸せになる条件は、まずは世の中のいろんな苦しみを味わうこと。
藤原さんの生き方:
想いを口に出して実行する。
わが人生の主人公は我である。
自分は自分を創る責任者。
シナリオ通りの人生をどう生きるか、どう思い、どう感じ受け入れ、喜びと感謝ができるかが重要である。
そのためには自然を意識し、自然とともに調和して生きることが大事。
自然を壊すのは自分を壊すことだと心得よう。

とても心に残るいいお話でした。 もっと見る