先日東京出張のとき駅内の本屋さんで五木寛之さんの本が目に

留まって購入しました。帰りの新幹線で読ませていただきました。

80歳の五木さんが、医者に頼らず生きるために実践している

100の習慣。中に「三休め」というのがありました。
つまり、「気休め」、「骨休め」、「箸休め」。つまり、

気持ちを楽に生きること、体の無理をしないこと、

小食のこと。それに、五木さんが小さいごろから続けている

習慣は「呼吸法」だそうです。