今朝倫理法人会経営者モーニングセミナーに参加しました。

講師は姫路で時計店を営んでいる永濱修さん。

19年前の阪神淡路大震災で神戸に住んでおられたお母さんとお姉さんの

家が全壊しお母さんとお姉さんはその瓦礫の下敷きになっていましたが、

近所の方々、見知らぬ通りかかった外国人の方々に命を助けてもらいました。

それから永浜さんは

時計を通じてなにかお役に立てないか。

生まれ育った地域になにかお役にたてないか。

個人としてなにかできないか

を考えるようになりました。

そして、身内が助かった恩返しとして、多くの方々に無料で時計を修理して

あげるボランティア活動を10年前から始めたのです。

大震災で壊れた小学校の古時計、大型時計、個人の思い出の時計など数多くの時計を

無料で修理して来られました。そして多くの人々に感謝される人生を、今も送っておられます。

ほんとうに、素晴らし人生、素晴らしい人格の持ち主です。

永浜さんの感動の人生物語、涙しながら聞かせていただきました。