私が1年間担当してきたU君の保護観察が解除されました。

1年繰り上げての解除です。

若気の過ちとはいえ法の一線を越えてしまうと、法の制裁を受けなければなりません。

最初の内はなかなか心を開けてくれなかったですが、面談の数が増えるに連れて

なんでもしゃべってくれるようになりました。今振り返ってみるとU君がよく頑張って

きたとほっとしています。

本人の話を聞くことをメインにしながら、たまには一緒に食事をしたり、

私の本を上げたりして、U君のこれまでの生活環境とは違う世界もあるとの

ことを暗示しました。

保護観察解除の通知が届いた時、私は内心U君のために喜びました。

これからはどんなことがあっても法の一線を越えてはいけないと

固い握手をしながら祝福してあげました。