「酒は呑め呑め 呑むならば 日本一(ひ のもといち)のこの槍を

呑み取るほどに呑むならば これぞ真の黒田武士」

今年はぜいたくすぎるほど花見を楽しみました。

京都の祇園桜、大阪の淀川桜、姫路三左衛門堀桜、播磨随一の光福寺の大糸桜などなど。

当然花見にはお酒が欠かせません。

トライアスロンのために酒は控えめにというか、ノンアルコールビールで対応してきましたが、

花見シーズンにはそうは問屋が卸してくれません。

昨日もふれあい山歩こう会の役員会があり、花見を兼ねてたつの市新宮駅近くで

お酒で盛り上がりました。

写真は姫路歴史パレートでの私ですが、母里太兵衛の甲冑を着て、日本一の槍を持っています。

「酒は呑め呑め 呑むならば 日本一(ひ のもといち)のこの槍を

呑み取るほどに呑むならば これぞ真の黒田武士」

お酒は母里太兵衛にはるかに及びませんが、マルセイは日本一の槍のようにしたいと

いつも思うのであります。