「酒は飲め飲め 飲むならば

日(ひ)の本(もと)一の この槍(やり)を

飲みとるほどに 飲むなら ば

これぞまことの 黒田武士」

黒田24騎の一人母里太兵衛が大杯のお酒を豪快に飲み干し、

日本号の名槍を伏見の福島正則から飲み取ったシーンです。

奇しくもその母里太兵衛の生誕地が私が住んでいる妻鹿で、

姫路お城祭りで私は母里太兵衛の甲冑と槍をもって

歴史パレートに参加しました。

炎天下で獨協大学サッカー部の選手たちが甲冑の重さと

大量の汗で病院に運ばれるハプニングもありましたが、

母里太兵衛の顔に泥を塗ってはいけまいと勢いよく槍を

挙げたりしました。

灘のけんか祭りに来られた皆さんに黒田官兵衛と妻鹿城の話や、

黒田節と母里太兵衛の話をし、ついでにけんか祭り旅御所のお旅山を

紹介しました。

皆さんは私のエベレスト講演を聞いているのでうなずきながら

お旅山を見上げていました。

143mのお旅山から8848mのエベレストですかと感心する

皆さんの表情に、私自身感無量でした。(写真家内とお旅山山頂にて)

お旅山山頂にて