去る10月22日岡山県倉敷市高橋啓一さんの田んぼで

木村式自然栽培稲収穫祭が行われました。50人を超える

参加者と地元テレビ、新聞社などの関係者で大いににぎわいました。

第2回「食と農の研究会」も講演会を兼ねて収穫祭に参加しました。

%e7%a8%b2%e5%88%88%e3%82%8a%e5%8f%8e%e7%a9%ab%e7%a5%ad何十年ぶりでしょうか、私も稲刈りを

体験させていただきました。

高橋啓一さんは岡山県木村式自然栽培

実行委員会の理事長と食と農の研究会

会長を兼任していますが、木村式自然栽培を

岡山県で成功させ、その経験を日本全国に

広めるべく奮闘しています。

この稲が木村秋則氏の奇跡のリンゴの

延長線にある奇跡の稲かと思うと、また高橋さんからこの奇跡の

玄米を提供してもらって、マルセイが「奇跡の酵素玄米粉」を

作らせてもらっていると思うと、手の中の刈り取った稲の重みが

一段と伝わってきました。