1月17日は阪神大震災22周年。

日本語の教え子が一人、友人の息子さん夫妻とそのお嫁さんの

おなかの子供が命を奪われました。

来日して初めて地震の恐ろしさを身を以って痛感しました。

「地震雷親父」の意味が初めて分かったような気がしました。

地震さえなければといつも思いますが、私だけの身勝手でしょうか。

今年は2017年1月17日になりますが、17が2回重なります。

中国語では「17」を「イチ」と発音しますが、日本語の「一緒に」

という意味になります。

「17健康;17幸福;17祝福;17快楽;17発財/一緒に金持ちになる」など

縁起のいいフレーズがいっぱい中国からNSで入ってきますが、

22歳で遭難した教え子や友人の息子さん夫妻、そして6400人以上の

尊い命を想うと胸が痛くなり、一緒に楽しもうという気には到底なりません。

震災直後の神戸の惨状はおそらくこれから一生忘れることができないと思います。

もし「17」を使うとすれば「17祈祷」で被災者皆様のご冥福を一緒に祈ることでしょう。

合掌。

忘れまい 1.17の(いちいちななの)神戸かな⇒正均