3月16日から昨日まで講演を兼ねて東京、富山、滋賀を回ってきました。

昨年9月高松のヨーガ研修大会で講演させていただきましたが、その時

ご縁をいただいた東井晃一さんが講演に呼んでくれました。

東井さんは養心の会金沢を主宰していますが、今年で15周年を迎えます。

参加人数は少なかったですが、皆さん本気で自己啓発と人間性向上を目指す

素晴らしい方々でした。

講演の後はみんなで近くの温泉に入って、再び講演会場の風土舎に戻り、

東井さんが真心を込めて用意した地元の銘酒、お料理を味わいながら心行くまで

懇談しました。

夕陽を浴びる赤剣岳、赤立山連峰にはちょっと間に合わなかったですが、きれいな

剣岳、立山連峰を拝むことができてうれしい限りでした。

次の朝は立山連邦からの雄大な日の出を拝むことができ、再び感動しました。

昔、夜も寝ずに後ろ立山縦走、剣岳・立山縦走、鷲羽岳・水晶岳・黒部五郎岳・

薬師岳を縦走した光景が走馬灯のように目の前を掠めて行き、感無量でした。

東井さんが私のために近くの尖山を案内してくれました。

標高559mと決して高くはありませんが、残雪あり、急登あり、渓流ありの

味のある登山でした。

特に山頂での360度パノラマの眺めは最高でした。よい天候にも恵まれ、

剣岳、大汝岳、雄山が迫力ある姿を見せてくれました。富山湾の日本海も

能登半島まで目の前に広がっていました。去年家内と一緒に登った能登半島

最高峰宝達山もかすかに見えました。

もっとゆっくり富山の里山を楽しみたかったですが、午後4時前に滋賀の石山駅に

付かなければならなかったので、名残惜しかったですが、11時半前に富山駅まで

東井さんに送ってもらいました。

短い時間ではありましたが、交通の便も不便な山奥の風土舎で15年も養心の会を

主宰してきた東井さんには脱帽するのみです。特に東井さんの真心のこもった

おもてなしには何度も心を打たれました。

もう一度会って話をしたい、一献傾けたい東井さんに感謝また感謝しながら

富山を後にしました。

DSC_0014 DSC_0028