昨日ふれあい山歩こう会の新春例会で大阪府の最高峰で

信仰の山でもある金剛山(1125m)に登ってきました。

霧氷はいまいちでしたが、山頂には結構雪が残っており、7合目からは

アイゼンを装着して登りました。金剛山の魅力に感動の連続でした。

赤ん坊を背負って登る若い親から80才は優に超えそうな年配の方まで

登山者の年齢層は様々でしたが、若者グループや若いファミリーが多いのが印象的でした。

登頂100回以上の名簿から1000回以上まで大きな看板3枚に分けてかけられていましたが、

中にはなんと10000回以上の登頂者が6人もおりました。

いかに信仰深い山かを物語ってくれました。

下りは大楠公ゆかりの千早城跡のルートをとり歴史の勉強もしました。

温泉入浴後、帰りのバスで参加者の皆さん新しい一年の抱負を語りましたが、

私は徳川景山作る「大楠公」を詩吟しました。下手ではありましたが、

その場で即吟できた自分を少しほめたいと思いました。

実り豊かな山行でした。

幾年や 雪に眠るる 千早城跡⇒正均