道程

僕の前に道はない
僕の後ろに道は出来る
ああ、自然よ
父よ
僕を一人立ちさせた広大な父よ
僕から目を離さないで守る事をせよ
常に父の気魄(きはく)を僕に充たせよ
この遠い道程のため
この遠い道程のため

大学2年生の時にこの高村光太郎の「道程」に出逢って以来、

どれだけこの詩に励まされ、勇気づけられたかわかりません。

その時は「道程」の全文は知らず、ただ上記の9行だけしか

覚えることができませんでした。

「道の最端にいつでも僕は立っている

何という曲がりくねり

迷いまよった道だろう

自堕落に消え滅びかけたあの道

絶望に閉じ込められかけたあの道

幼い苦悩にもみつぶれたあの道……」

「自堕落に消え滅びいかけたあの道」を除けば、私の幼少年、

青春時代のそのままの写生なのです。

涙しながら何度もなんども繰り返して読ませていただきました。

「歩け、歩け

どんなものが出てきても乗り越して歩け

この光り輝く風景の中に踏み込んでゆけ」

このあと冒頭の9行の詩が続きますが、その気魄には

圧倒せられざるを得ません。

中国の古い言葉に、

「山再高,高不過人;路再長,長不過脚/

山がいくら高くても人はその上にあり;

道がいくら遠くて足はその前にある」とありますが、

明日という未知の道をしっかり、確実に歩んでいきたいものです。

エベレスト山頂小普段の毎日の積み重ねが

マイエベレストへつながる

唯一の道なのです。