辞旧迎新とは文字通り、古きを辞して新しきを迎える意味で

前の年に別れを告げ新しい年を迎えることですが、中国では

旧暦のお正月の前後に盛んに新聞紙を飾ったり、テレビで

使われたりします。

日本では忘年会と新年会は元日を境目にはっきり分かれていますが、

この「辞旧迎新」の言葉は、元日の前後どちらでも使えますから

便利です。

今週に入って忘年会が猛烈に増え、あいさつ回りに、年末の納品などで

言葉通りの「師走」です。

昨日は特別な忘年会をさせていただきました。

弟は火曜日の12日に姫路に来ましたが、兄弟で杯を交わすのは四日目の

昨日が初めてです。せっかく年末に会いに来てくれたのにと申し訳ない

気持ちでいっぱいですが、弟は日本の事情をよく知っているので

嫌な顔を見せません。

私は今愛媛県の四国中央市に来ていますが、18日姫路に戻るときは、

弟は東京などに出ていて、21日弟が姫路に戻るときは、私と家内が

愛媛県東温市にアベック講演に出るので、23日弟は一人関空に行き、

香港に戻ります。

昨日は唯一弟と食事ができる日でしたので、急きょ母のように慕っている

吉中さんとの忘年会を繰り上げてさせていただきました。

吉中さんも思いもよらなかった弟が加わることで大変喜んでくれました。

弟も吉中さんを母のように慕っているので、本当に和気藹々、楽しくて

幸せな一夜でした。