去る7月18日姫路市花北ホールで詩吟ヴォックス播磨大会が

開催されました。

各流派の参加者は一年間磨いてきた成果を披露すべく、

緊張な顔ではありますが、真剣勝負をかけていました。

この真剣勝負に私ははじめから負けてしまいました。

最初の受付で不参加を申し入れました。

今回は全く稽古に参加していない上に、事故練習も怠って

いましたので、出るのも出ないのも田中先生の顔に泥を塗る

格好になってしまいました。

戦争が始まっていないのに自分で棄権するのは、私のすべての

生涯において初めてのことだと思います。

恥ずかしいでは済まないことになってしまいました。

忙しいと言えば理屈になりませんが、今の私にとって第一は妻孝行で

第二は会社で、第三が講演です。詩吟も俳句もアコーディオンも

ほとんど停止状態です。今の私にとっては落伍だけは阻止しなければ

と思うのが精いっぱいです。何とか歯を食いしばってついていきたいと

思います。家内も中国出張帰りでほとんど詩吟になりませんでしたが、

何とか頑張りました。その精神力には感心しました。