今日は7月7日七夕の日です。

日がさしたりもしますが、夜のお月様は微妙です。

今中国の姉夫妻が来ています。今年70歳の古希を迎える

義兄のお祝いを日本に来ている娘二人が主体で7月15日琵琶湖湖畔で

盛大な祝賀会をします。総勢17人ですから中国にいる家族みんなの

倍の人数になります。

私が心から尊敬している牛年生まれの姉夫妻ですので、仕事もそこそこにして

姉夫妻に喜んでもらえるよう頑張っている毎日です。

その姉夫妻を岡山の湯原温泉に泊まり、男女混浴の砂湯を案内したり、

日本3園の後楽園を案内したりしました。

後楽園はちょうど弥生時代の種から発芽させ、栽培に成功した蓮の花が

見ごろを迎えています。この蓮の花が姉と関連があるので、わざと見に行きました。

姉の名前は弘蓮で、蓮の名前です。泥をなめるような家で生まれ育ちましたが、

泥の中からきれいな花を咲かす蓮のように、美しい人生の花を立派に咲かせました。

お医者さんになり、教授になり、幹部になり、中国はもとより日本、アメリカ、

韓国などに論文発表に行っています。娘二人も日本に留学して博士号を取ったり

立派に活躍しています。

姉夫妻ハスの花それより、もっと尊敬しているのは

我が家が一番大変な時に、上には

親孝行、下には弟妹の世話に徹し、

娘が生まれて6か月の時から半年間、

家内が二度目の日本留学の時に、

6か月間娘の面倒を見てくれました。私と弟が大学の時には、母の世話を受け持ち、

今も私と弟の代わりにご先祖様のお墓を守ってくれています。

ですから、形の上では姉の娘たちに主役をさせますが、陰の主役は私と家内と

弟に決まっています。短い期間ですが、姉夫妻に少しでも多く幸せを感じて

帰ってもらおうと最大の努力をしています。