10年前故船井幸雄先生主宰の本物研究会が高松全日空ホテルで

開催されましたが、木元聖花が講師として呼ばれ、一緒に高松を訪れました。

その時菊池寛記念館に行ってみようと思いましたが、100人ほどの団体行動でしたので

一泊二日ながら実現できませんでした。

今朝は高松市倫理法人会で講話させていただきましたが、琴平市に移動する前に

菊池寛記念館によらせてもらいました。

毎年「芥川文学賞」と「直木文学賞」で大いに騒いでいますが、この二つの賞とも

菊池寛が創設したものです。菊池寛は「文芸春秋」や大映など実業でも大いに成功して

いますが、私は中国で菊池寛の初期小説「恩讐の彼方」を読んで大いに感動し、来日してから

そのロケと言われる大分県青の洞門を訪ねました。

10年の念願が叶い、大満足しながら次の講演地琴平に車を走らせました。