金会長コンチェルトバイオリン10月10日は中華民国の誕生の日で、「双十節」とも言います。

当日は夕方6時から宍粟市の新潮会で講演させていただきました。

新潮会は来月65周年を迎えますが、宍粟市の各業界の有志たちの集まりです。

これで宍粟市では商工会、生涯大学、倫理法人会など10回講演させていただきました。

次の日の11日から韓国の金会長夫妻が来姫し、姫路城、神戸、有馬温泉と案内させて

いただきました。

金会長とは20年以上の付き合いですが、公私ともに親しくさせていただいております。

世界遺産の姫路城の美しさに感動の連続でしたが、特に夜の食事には興奮するほど

感動感心しました。

一日に一組しかとらない「料理田本」は、季節ごとに料理のテーマが変わります。

今の秋のシーズンには、「芸術の秋」「読書の秋」「祭りの秋」「紅葉の秋」の

四つのテーマですが、祭りの太鼓も屋台などもすべて食べ物でできています。

田本さんの芸術的傑作品は外観だけでなく、味も超一流で百貨店におせち料理を

納品するほどです。10月15日灘のけんか祭りのマルセイのお弁当はいつも田本さんに

お願いしています。

神戸コンチェルトでの神戸牛ステーキ、有馬温泉ねぎやでの会食料理など

日本の料理文化の素晴らしさにさすが世界無形文化遺産だと完全に

脱帽してしまった金会長夫妻でした。

金順基という金会長の名前が日本で有名になる日もそんなに遠くないと

確信しています。今は公開できませんが金会長は世界がアッと驚くような

ことをアメリカ、ユーロ、アジアで展開しています。今から楽しみです。

金会長夫妻コンチェルコ