昨日は氷ノ山に登りました。

氷ノ山は1509mで兵庫県随一の山ですが、鳥取県との境にあり、

登山コースもいろいろあります。

ふれあい山歩こう会も8年前に東尾根コースから登り、氷ノ山越コースから

下山しました。11月のはじめで山麓は燃えるような紅葉で感動の連続でしたが、

山頂では雪が降っていました。

4年前、エベレストに出発する直前の3月、最後の雪の感触を確認するため、氷ノ山に

登りました。腰まではまる大変な雪でしたが、よいトレーニングになりました。

残暑厳しい街の生活ですが、1500mの山は快適でした。

今回は宍粟市観光協会と神姫バスが主宰した登山ツアーというスタイルで

参加者は20人に限定されました。宍粟市の殿下コースから登り、養父市の大段が平コスを

下りました。ブナ林の木漏れ日、鳥のさえずり、森林浴を思いぞんぶん浴びさせていただきました。

宍粟50名山推進倶楽部のボランティアのガイドさんが付いていて、

よい天候にも恵まれ、本当に楽しい山行ができました。

10月末から11月初めの紅葉シーズンが最高だそうです。今回は家内が薬の登録販売者試験のため

参加できなかったので、紅葉シーズンには二人でもう一回来ようと思いました。

秋桜 勝るふれあい 山ガール⇒正均