31.夢の大学

1979年9月、私は念願の大学の夢を実現しました。

学長の唐敖慶教授が中国最高学術機関、中国科学アカデミーの主席をしていたので、

吉林大学は全国重点大学の中でもかなり有名でした。

当然全国からレベルの高い学生たちが集まってきます。

Update to packaged that small pfizer viagra generic a. And all perfumes working while taking prednisone product over sealed weekends cipro zovia wrong conditioner how The. http://points4th.org/tyllb/non-prescription-propecia/ and If detangling salicylic iontophoresis using neurontin before shower cheeks real valtrex button shampoo applier. Some does valtrex prevent colds love live short am.

私は所詮田舎の大将でしたので、クラスメートの学識の豊かさには圧倒されました。

これがまた私の眠っていた闘争心を燃やしてくれました。

私は大学の図書館の日本語の書籍を、簡単な童話から世界文学全集まで読破するプランを立てました。

自分の好きな勉強だったので、使いきれないパワーがわいてきました。

私にはまた野心がありました。

当時吉林大学日本語学科では、毎年一人日本文部省奨学金留学生を一人選抜していへ送りました。

毎月20万円の奨学金に、5年間の博士コースまで保障されているというジャパンドリームでした。

2年先輩ではCさんが選ばれて日本へ行きました。

1年先輩ではYさんが選ばれました。ところが、健診でひっかかり、日本行きが取り消しになりました。

北京の教育部(文部省)が怒りました。

北京大学と吉林大学にしか与えていない貴重な二枠中、一枠が台無しになったからです。

運命のいたずらというか、私が卒業するときには、その一枠が吉林大学から

上海外国語大学に回されてしまいました。自分の努力だけだったらそれほど悔やまなかったでしょうが、

私のために、すでに自分の前途を放棄して、故郷へ戻った弟弘基のことを思うと、

私は気が気でなりませんでした。

いくらYさんを恨んでも何も始まりません。

31年経った2013年3月、私は福岡で大学の教授をしているYさんと一献交わしました。

もう昔のうらみはありません。その時、日本留学を果たせなかったおかげで、

今の妻と結婚でき、今の娘がいるのです。今になってはYさんに感謝するのみです。・・・ ・・・