「百善考為先 尽考須及時/善の中で一番大事なのは親孝行であるが、

その親孝行は時期を逃してはいけない」

今日はある団体での講演の2回目の打ち合わせがあり、講演までに

もう1回打ち合わせをします。

これまでにいろんなところで講演させていただいていますが、

こんなに丁寧に何度も打ち合わせをするのは初めてです。

当然親孝行の話が沢山出てきますが、講演のたたき台として出した

案の中の私の行動規範とするところが議論されましたので、その内容を

ご紹介させていただきます。

人以正為貴/人は正直を以って貴しとし、

家以和為貴/家族は和を以って貴しとし、

隣以親為貴/隣は親しみを以って貴しとし、

友以誠為貴/友は誠を以って貴しとし、

衣以適為貴/衣服は適当を以って貴しとし、

住以雅為貴/棲家は雅を以って貴しとし、

窮以志為貴/貧困は志を以って貴しとし、

富以仁為貴/富貴は仁を以って貴しとし、

心以善為貴/心は善を以って貴しとし、

情以真為貴/情けは本物を以って貴しとす。

 

道林禅師が「3歳の童が知っていることを80歳の老翁がなかなかできていない」

と白楽天を諭したように、言葉にはしやすいですが、実行は難しいものですね。