今日夕方6時半からは濱口浩平さんのお誘いで

金曜会の平成26年度第6回例会に参加してきました。

今日の講師は、自転車冒険家西川昌徳さん。

姫路市太市出身、31歳。

テーマは「僕の地球を走る旅」。

地球の一周が40,000kmだというのに、

これまで自転車で走った距離は、59,200km。

北極圏のマイナス20度以下の過酷な走りとテント生活。

チベットの海抜5,600mの峠で高山病で死にそうになりました。

なぜ若者は孤独で辛い冒険の旅を始めたのか。

そこには感動の物語がありました。

何の不自由もなく大学を出た若者は、

自分の生きざまに疑問を持ち、

その答えを求めて冒険の旅に出ました。

旅先で出会った貧しい国々の子供たちの

綻ぶ笑顔と光るまなざしから

物の豊かさと心の豊かさは

決してイコールではないことを教わりました。

一所懸命に生きる力と喜びを感じました。

まさに自分がそうだったように

今の日本の子供たちに欠けているそのものでした。

そこて若者は立ち上がりました。

日本の子供たちに生きる力と

創造力と想像力を植え付けるために

小中学校で講演を始めました。

福島まで片道25,000円の新幹線代を払いながら

2,500円の謝礼金に甘んじています。

この若者を称える賛辞が見つからなくて

困っている自分を見つけました。

(西川さんのチャリティーシャツを着て記念写真)