今日明日は庭木の剪定の日です。

近くの金木犀が香り漂うと灘のけんか祭りです。

金木犀の香もいいですが、私は庭の銀木犀の香がもっと好きです。

香の強さでは金木犀に負けますが、銀木犀の上品で優雅な香りの

幸せの余韻には、知らず知らず陶酔されてしまいます。

天高く馬肥ゆる秋とありますが、食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋ですね。

中国の唐の時代に韓愈という詩人がいましたが、彼は

「燈火稍可親/燈火稍く親しむ可く」という名句を残しています。

これは夜灯火の明かりを借りて本を読むべきという意味です。

私はこのごろ忙しさに託けてあまり本を読まなくなりました。

この時期には友人知人からいつもたくさん本が送られてきますが、

そのほとんどが積読状態です。先日志「ネットワーク兵庫大会」に

参加させて頂いて心を新たにしました。

いつになっても、何歳になっても読書は健全な生き方を保つ精神ビタミン剤

だと思います。